歴史有る古都チェンマイ
北方のバラと呼ばれるチェンマイ
バンコクみたいな大渋滞もなく空気がきれい?で美人が多い。
他の地区のタイ人と比べると色白でミスタイは殆どこの地方出身だそうです。
そして気候が穏やか〔日本人には暑いですが、色々な日本の企業が多く創業しています〕。
本来のタイという国を日本人がイメージするとそれは、バンコク以外の都市なのですがチェンマイが最もその中で大都市ですが歴史が古いので名所旧跡が多く色々便利なので旅行するには最適です。
又チェンマイは、少数民族の宝庫でもあり数多くの部族が民芸品を販売してます。(観光客が多く物が売れるというので山から下りてくるのです)
そして色々なハンドクラフトが格安で手に入るチャンスが有りますがあくまで可能性が高いということとバンコクで買うよりかなり格安と思います。
但し買い物には、値切るということが必要ですが電卓さえあればなんとかなります。
品数に関しては、バンコクのチャトゥチャ=ウイークエンド・マーケットの方が豊富かもしれません。
チェンマイ市内
バンコクと比べるとメーターのタクシーが少なく乗り合いタクシーのソンテオが多い。
トゥクトゥクも少ない。
車自体も少なくバンコクのような渋滞も少なく排ガス公害も無い。
チェンマイマーケット2
マーケット内の果物屋
チェンマイマーケット1
バン・ルン・ブリ通り
日本で言うと朝市的雰囲気があるマーケットが市内に幾つも在りどこも活気がある。
魚から肉・野菜・果物・雑貨等あらゆる生活品がそろうコンビニ以上の品ぞろえ。
バンコク以外の地方都市にいくとほとんどマーケットでの買い物のメインらしいです。
チェンマイの旧城壁跡1
チェンマイの旧城壁跡
旧市内は、史跡の後を囲むように部分的ですが城壁が残っており外周はほぼ正方形で約7キロ・通り抜けても約1.6キロしかなく道は、城壁の内側は、マス目状であまり入り組んでおらず歩いても迷子になる心配はあまりないと思います。
バンコクのような商店街は少なくどちらかと言うと民家が多いようでした。
チェンマイの旧城壁跡2
ナイトバザール
ナイトバザール
ナイトバザール自体はそれほど大きくないのですが店内には、キックボクシング・踊り・歌謡ショーを見ながら食事が出来るレストランとチェンマイの民芸品の店や色々なお土産を販売している。
現在は、此処を中心とした屋台街や商業ビル等を含めた一区画を通称ナイトバザールと呼んでいます。
夜になると夜店が開店し毎日がお祭りのようで日本の縁日のようですが食べ物はあまり売っておりません。
ナイトバザール3ナイトバザール2
踊り
道の両端に屋台が続くまるで日本の夏祭みたい。
マーケットでも同じような夜店が並び毎日が縁日みたいなのは、バンコクも同じでも店を出せる時間が決まっているので(バンコクのパッポンは同様)バンコクのように一日中店が並んでいることはありません。
ナイトバザールのショーは、夕方7時くらいから夜中まで何回か開催されており料金は、スペース内で食事かビールを頼めば無料ですがショー後、チップを求めてきます。チェンマイは、季節によって夜は、冷え込みますので一枚羽織れるものを持っていったほうがいいと思います。
ナイトバザール内のフードセンター
ナイトバザール内のフードセンター
全てがバンコクより格安!
バンコクの物価が高すぎですがそれでも日本と比べるとそれでもなり安いのは事実です。
しかし、バンコク以外の地方都市は、本来の物価という気がします。
チェンマイで定価で?仕入れてバンコクで3割アップでまかり通のですから・・・。
マーケット内のシーフードレストラン
ドライフルーツ
マーケット内のシーフードレストラン
マーケットのドライフルーツ
好きな素材を選んで調理方法指定
屋外のフードセンター内のシーフードレストラン(屋根はある)。
タイには、多く見られる形式のレストラン、バンコクにも多数点在。
チェンマイには、バンコクのような巨大なショッピングセンターが無いが、各街角にマーケットがいくつも有り、日用雑貨・食料品・お土産・アクセサリー・民芸品・レストランが在る。
庶民の暮しを見るにはここが一番。
ポーサンの日傘
ポーサンの日傘2 ポーサンの日傘1 土産用の傘・ナイトバザールでも入手可。
市街から20-30分のところに工場が有り見学のコース(傘の製作工程が見られます)があり、ほかにペーパークラフトや家具などのハンドクラフトの店も有りショッピングモール等軒を連ねています。
本当の日傘なので雨の時にはささないようして下さいーそうしないと
悲劇が待ち受けています。
ステーブ山頂からチェンマイ市街の眺望
湿度が低ければ盆地全体の様子が分かる手前にチェンマイ空港も見える。
ここからの眺望は、チェンマイ全市街を見渡せバンコク辺りのマッタイラな風景と違い何となく日本の風景にもにています
近くに離宮が有り王女様ご通行の為道路封鎖がある。
運が悪く?2回とも引っ掛かり1時間以上も時間をロスしてしまいました。
ステーブ山頂からチェンマイ市街の眺望
チェンマイ
バンコクから北へ約700km海抜300mの高原地帯でタイ北部一、バンコクに次ぐ70万人の人口。
周辺は600-700mの山に囲まれた盆地で一年を通じて比較的快適な中都市です。
北部の山々には、夏の離宮や山岳民族の住む村など、興昧ある観光ポイントが多数ある。
チェン・マイは1296年ランナー・タイ/LannaThai王朝の都としてマンラーイ/Mangrai王により建造されて以来、数度にわたるビルマ(現ミャンマー)の支配を受けながらも当時の城壁の跡を残すほか、14-15世紀に建てられた仏教寺院など、歴史的にも見どころの多い都市である。
京都にも例えられるチェンマイの魅カは、伝統的な手工芸技術などの文化遺産も多く、ポーサンの日傘やタイ・シルク・チーク材を使った木彫り・セラドン、銀製品、漆器と、美術工芸品と豊富です。
チェンマイ大学の卒業式
チェンマイ大学は、市の西・ステープ山の裾野にあり、敷地面責が598万平方。・1964年1月に設立。
当初は人文、社会科学、理学の三学部で、学生数も291名であったが現在では12学部・84学科・学生数約1万人、教職員も1400人のマンモス大学へと成長した。
タイの大学は、年に2度卒業式が行われる。
その1は国王臨席で行われる。
その2は正規の卒業式である。
国王は各国立大学の卒業式に臨れ、一人一人に卒業証書を授与される。
国王臨席の卒業式は厳粛で卒業生にとっては生涯忘れることのできない栄誉の時でありこの感激が王室と国民を結びつけ愛国心となる。
国王が証書を授与する式の時間は長くなり、何と8時間の時間を要した。
国王は、全ての大学の卒業式に臨まれるとのことです。
チェンマイマップ
チェンマイマップ
クリックすると大きな地図になります。(約600K)
チェンマイの主なホテルなどで入手できます
トロス
代表者:阿部 正敬
東京都江戸川区松島2丁目

タイ王国チェンマイ市
Copyright2001-2008・ TOROS. All rights reserved.