バンコク・バンコク周辺の寺と文化施設について
バンコク観光といえば王宮です
日本で言うところの皇居+明治神宮+二重橋と言った感じで・・それに浅草寺の仲店が合体した様な所でしょうか?
現在の王様はここには、お住まいになっておられません。
王宮1
王宮2
タイは一度も外国の統治を受けなかった唯一のアジアの国です
その為、古い仏教寺院が数多く点在し、1782年にラマ1世が即位し今日まで発展を遂げてきました。
現在、ラマ9世がタイ国王として国民の厚い信頼を受けています。
現在国王は、住んでおられませんが色々な催し物があり、王国の歴史を展示する一大博物館になっています。
白壁に囲まれた20万Fの敷地内には、1782年に遷都されてからチャクリー王朝歴代の王により建造・改築された建物が立ち並んでおり、ラマ8世までは実際にここに住まわれていました。
当時の芸術の粋を尽くして建造された建物や調度品には、金や宝石がちりばめられ、権力と財力を誇示する象徴であったことがわかります。
現国王ラマ9世は、住居をドゥシット地区のチットラダー宮殿に移され、現在は国家的儀式や祭典の場、迎賓館として利用されています。
タイ国で最高の地位と格式を誇る仏教寺院王宮の中にあるタイでもっとも格式の高いエメラルド寺院〔ワット・プラ・ケオ//写真右〕です。
本堂には高さ66センチ・幅48センチのエメラルドで出来た仏像が安置されており両脇には3メートルの黄金仏がある。1782年、バンコクに遷都された時に建立された王朝の守護寺。王室専用で、タイで唯一僧侶のいない寺院です。回廊の内壁にヒンドゥー教の神話をタイ風に翻案したラーマキエン物語の描かれた本堂には、高さ66cmのエメラルド色に輝く本尊が安置されています。この美しい翡翠でできた仏像のため、別名エメラルド寺院とも呼ばれています。
ワット・ポー=涅槃仏寺院
光り輝く巨大な寝釈迦仏がたおやかな姿で横たわる
ラマ1世が建立した、バンコク最大の境内を持ち、バンコク最古の歴史を持つ寺院です。
本堂には、"リクライニング・ブンダ"の愛称で親しまれている巨大な寝釈迦仏が横たわっています。
リクライニング・ブッダの足の裏には、みごとな螺鈿細工でバラモン教における108の宇宙観を表現。
また、ワット・ポーは、ラマ3世の時代に医学の府となってから今日にいたるまで、東洋医学に基づく伝統的タイ・マッサージの総本山となっています。
王宮と共に必ず観光コースに入っているスポットですが、境内に学校があり実際にマッサージ体験ができます。
観光コースでは、時間が少ないので中々難しいですがここの効方は、一味も二味も違います。
一寸裏手にある建物でマッサージが行われているのですがエアコンもなく扇風機のみなのですが、なぜマッサージを開始すると汗がひくのです。
同じ所で待っているときは汗が出てきて大変なのですが不思議です。
ワット・ポー1
ワット・ポー2
ワット・ポー3
その他の有名寺院
ワット・アルン (WatArun)
三島由紀夫の小説・豊饒の海第三巻「暁の寺」のモチーフにもなった壮大な寺院
トンブリー王朝時代の守護寺で最高位の寺院できらきらと輝く陶器の破片に覆われた高さ79mの大仏塔が朝日を浴びた神々しい姿が、"暁の寺"の名前の由縁になっています。
また、夕日を背に浮かび上がるシルエットにも趣があり、人気の観光スボットとなっています。大仏塔の急な階段を登ると、チャオプラヤ川の向こうに王宮周辺が一望できます。
ワット・スタット(WatSuthat)
完成までに27年もの歳月を要した寺院
複雑な木彫り細工が施された芸術的な扉をもつ礼拝堂には、全長8m、幅6.25mのスコータイ王朝最大の仏像が安置されています。
寺の正面にあるサオ・チン・チャーと呼ばれる赤い鳥居状の建造物は、シヴァ神に捧げるため、寺院建立に先駆けて造られた総チーク材の大ブランコの基台です。以前は、バラモン教の曲芸的行事が行われていました。
ワット・ペンチャマボピット(Wat Benchamabophit)(大理石寺院)
イタリアの大理石と西洋建築をとりいれたモダンな寺院
壁や柱、床、敷石に至まで、イタリアから運ばれた白大理石で建造、別名「大理石寺院」と言われています。
金張の窓枠には、ステンドグラスがはめ込まれており、左右対称の十字形をした本堂内には、黄金に輝く本尊が安置され、その台座には建立者ラマ5世の遺骨が納められています。
ワット・ヤンナワー(Wat Yannowa)
独創的な形をしたラマ3世による寺院
バンコク南北に蛇行するチャオブラヤ川を、次々と遡るヨーロッパ諸国のモダンな大型船団を見たラマ3世が、自国の船舶界の将来を危倶し、消えゆくジャンク船へのモニュメントとして建立した寺院と言われています。
その形は、船のようにも、魚のようにも見ることができる独創的なものです。
ウィマンメーク宮殿(Vimanmek Mansion Palace)
ラマ5世が別荘として建築した総チーク材造りの宮殿
「雲の上」と言う意味をもつウィマンメーク宮殿は、タイとヨーロッパの文化が折衷した世界最犬規模の総チーク材造りの3層建築で、建物には一切釘が使われていません。
現在、宮殿内は、世界各国から集められた食器や家具、調度品などを展示する博物館になっています。
広い庭園と池に囲まれたこの静寂の空間は、豊かな時間を与えてくれるでしょう。
ワット・トライミット(黄金仏寺院)
長い眠りからさめた光り輝く黄金の仏像
市内の廃寺から今の場所に移す日に、雨で醜い顔をした仏像の漆喰がはがれ、中から高さ3m、重さ5.5t、金の純度60%のまぶしく輝く仏像が現れました。
これは、ビルマ軍の略奪から防ぐために漆喰で塗り固められたものと推定されています。
時価120憶円とも言われている数奇な運命を秘めたこの光り輝く黄金の仏像から「黄金仏寺院」とも呼ばれています。
その他の施設
カムティエン婦人の家
19世紀中頃のチェンマイの総チーク材高床式民家を移築
チェンマイのピン川沿いに建てられていたカムティエン夫人の高床式家屋を分解移転したもので、タイの文化と生活様式を紹介する民族資料館となっています。
本館の1階には、当時の農耕用具や狩猟道具、調度品などがそのままの状態で展示され、2階は、19世紀当時の日常生活が漂う造りになっています。
別棟は、モン族、アカ族、リス族、ヤオ族などタイ北部に住む山岳少数民族の衣装や生活用具が展示され、独自の生活様式、文化に触れることができます。
カムティエン婦人の家1
カムティエン婦人の家2
ローズガーデン
バンコク郊外のレジャーランド(テーマパーク)。バラは、11月から1月の間咲くそうです。
右の写真は、ブーゲンビリア?観光では、アユタヤとのオプションの1日コース。
一日に何回かショーが行われ〔写真は、昔の結婚式を再現〕ています。
ローズガーデン1 ローズガーデン4
ローズガーデン2 ローズガーデン3
タイ舞踊
きらぴやかなタイ・シルクの衣装と、美しい手指の動きで演じられるタイ古典舞踊は、もともとは宮廷用の舞踊として、スコータイ朝やアユタヤ朝の時代から伝承されてきたものです。踊りは、サンスクリットの大叙事詩「ラーマヤーナ」をタイ風に翻案した「ラーマキエン」中から題材を集めたものが代表的です。その中でも主に、主人公ラーマが魔王のトッサカンと戦うシーンや、婚約者シーダが誘拐される場面が演じられます。スロ一テンポで仮面をつけずに優雅に舞うのがラコーン、コーン・マスクと言う魔神の仮面をかぶり、以前は男性の踊り手だけで踊られていた舞がコーンと呼ばれています。また、古典劇のほかには、庶民芸能の即興歌劇リケーや、日本の盆踊りに似たタイ東北地方のラム・ウォンなどがあります。バンコク市内では、国立劇場で鑑賞できるほか、各舞踊のハイライトを観ながら宮廷料理が食べられるレストランやホテルも多くあります。
タイボクシング
隣国と国境を接しているタイでは、自国を守るため何度も戦闘を繰り返してきましれその歴史の中で、自然発生的に生まれた"素手で相手を仕留められる技"が、現在のムエ・タイの原点と言われています。パンチ、キック、ひざ蹴り、ひじ打ちなどからだ全体を武器として戦うムエ・タイは、タイの国技でもあります。神々の祝福と加護を受けたヘアーバンドとアームバンドを身につけた選手は、試合の開始前には、タイの伝統雅楽に合わせて、リングの邪気を払い、神への加護を求めて、ワイ・クルーと呼ぱれる踊りを舞います。バンコク市内には、ラマ4世通りにあるルンピニ・スタジブムとラチャダムヌーン・ノーク通りにあるラチャダムヌーン・スタジアムの2つの常設スタジアムがあります。開催日は現地で事前に確認してください。
トロス
代表者:阿部 正敬
東京都江戸川区松島2丁目

タイ王国チェンマイ市
Copyright2001-2008・ TOROS. All rights reserved.