天使の都=クルンテプ・タイ国の首都、バンコク
バンコクイメージ
です
天便の都・クルンテーブ
タイ国民にはクルンテープと呼ばれ、その歴史は、1782年にトンブリー王朝から現チャクリー王朝に移る際、チャオプラヤ川西岸から東岸に遷都したにことにより始まります。
新しい都の繁栄に願いを込め、「神の化身である王が住む土地は天使が守る。」という意味から、「クルン=都」「テープ=天使」と命名されました。
以来200年以上に渡り、バンコクはタイの首都として政治・経済・文化の中心であり続けています。
道路に溢れんばかりの車が渋滞を起こし、近代的な高層ビルが林立しているすぐ隣で、荘厳にして華麗な極彩色の寺院が、悠久の時を刻んでいます。
そして容赦なく照りつける陽射しと、両脇に有る屋台の食べ物の匂いと、土産物を売るテントと観光客の雑踏が交錯する中には、今日も人々の明るい微笑が溢れています。
昔ながらの庶民の生活と近代的都会が隣り合わせる魅惑の都市
タイの空の玄関、バンコク国際空港ドン・ムアンに到着する飛行機が徐々に高度を下げる頃、眼下には網の目のような運河に抱かれた水田地帯が広がり、稲作の国へ到着する懐かしい安堵感に満たされます。
しかし、タイ唯一の大都市バンコク・・中心部へ向かう中、目に飛び込んでくるのは、ガラス張りの高層ビル群。
母なる水といわれるチャオプラヤ川の最下流に位置する天使の大都会(クルンテプ)
高層ビルが建ち、一寸日本のどこかの都市のような錯覚するようにセブンイレブン・マック・ケンタなどのコンビニやファーストフードの店があり、巨大なショッピングセンター(もちろんブランド品満載+エステ+タイマッサージ=買物疲れに?)チャイナタウンもありどこかの日本の大都会にいるようです。
日系デパート(伊勢丹・東急・そごう?)で買い物して和食レストラン(豚カツから回転寿司・高級和食・居酒屋)で食事をすればまるで真夏の日本にいるような・・・。
それだけでは、終わらないのがバンコクです。(食事は世界各国の美味が楽しめます。)
タイの首都というより東南アジアの別の国、と思ったほうが良いと思います。
バンコクのエリアガイド
いくつもの顔を持ち、その中心は溢れんばかりのエネルギーとパワーを備えている街-バンコク。
王宮周辺には、蒙華絢燗な寺院が立ち並び、歴史を感じさせる観光スポットが集中、ラマ5世が造りあげたドゥシット地区は、タイを動かす政治・行政の中心で、緑豊かな都会のオアシス。
無数の路地が絡みあったバンコクの下町、人込みと活気と喧騒が溢れる街チャイナ・タウン。
オフィスや銀行が集まるバンコク最大のビジネス街と、歓楽街が隣り合わせるシーロム通り周辺。
サイアム・スクエアとラチャダムリ通り周辺は、映画館や若者向けのおしゃれなブティック、安価な衣料が大量に並ぶ市場から、高級デパートが立ち並ぶ一角もある大ショッピング・エリア。
スクンビット通りには、外国人向けホテルが立ち並び、ソイと呼ばれる南北にのびた小路の住宅地の間には、しゃれたレストランやショップが点在。
日本人が多く居住していることでも有名です。
チャオプラヤ川西岸のトンブリは、運河が今も生活の重要な足として使われ、かつて"東洋のべニス"と言われた頃の姿が現存しています。
戦勝記念塔 スカイトレイン=BTSは新しいバンコクの足として開通・全線高架鉄道で渋滞知らずエアコン完備
但し庶民には割高で有り渋滞緩和にはまだまだの様子ですが観光客にとっては、大変便利。
左図は戦勝記念塔
暁の寺 ワット・アルンは、三島由紀夫の暁の寺院で有名なバンコクの古刹です。
チャオプラヤ川からの夕日を浴びた寺院は、まさにオレンジ色に輝く美しいお寺です。
ここに渡るには専用の小舟で行きます。
波が有ってスリルが有り
BTSからの眺め
ワット・アルン
食 べ る
ここバンコクは、文化の交流地点として古くから栄えてきた関係であらゆる国の食を味わえます。
タイはもとより・日本食(ラーメンから始まり・回転寿司もちろん本物?も有ります・和食・豚カツ・何でもあり,あ、居酒屋も)・中華・フレンチ・伊太飯・ヨーロッパ各国・アメリカ・そしてファーストフード。
タイ料理
タイ料理は、独自の料理に近隣諸国の食文化を受け入れて発展してきたため、食材も調理法もさまざま。
その上、バンコクには、宮廷料理から屋台料理、北部の料理から南部の料理まで、多種多様の味がそろっており、同じ名前の料理でも2度と同じ味に出会えないほどの食に満ちあふれてます。
タイ料理の味の決め手になる調味料は、ナム・プラー(魚醤)、プリック(唐辛子〕、パクチー(呑菜)、マナオ(タイのライム)の4つ。
また、料理によってはバイ・マクルー(こぶみかんの葉)やココナッツ・ミルクなどが絶妙に配され、これらの調味料の加減によって独特の味を作り出しています。
世界3大スープとして有名なトム・ヤム・クンも、店によってはマナオ風味の強い酸っぱいもの、プリックの利いた飛びきり辛いものなどさまざま。お気に入りの味がきっと見つかるでしょう。
宮廷料理
実際に宮廷内で食されてきた料理を現在風にアレンジしたもので、野菜や果物のカービングが添えられた料理は見た目にも美しく、味もまろやかです。洗練された内装の高級レストランが多く、チャオプラヤ川に面したオリエンタル・ホテル直営のサラ・リム・ナームなど、タイ舞踊を鑑賞しながら食事ができるレストランも観光客に人気があります。
タイスキ
タイ風のしゃぶしゃぶです。
日本のしゃぶしゃぶとどちらが先きかは分かりませんがバラエティに富んでいるのはタイの方だと思います。
魚介類やエビのミートボール、野菜、肉、春雨、ワンタンなどを煮立ったスープにくぐらせて、各店特製の甘辛いタレにつけて食べます。
タレにパクチーをいれると味がいっそう引き立ちます。
そして仕上げは、おじや風か麺を入れるか・・・どちらにしろこれだけは、日本と同じ。
やはり4-5人で囲むのがベスト。
シーフード
海の近いバンコクには、新鮮なシーフードが食べられる店が数多くあります。
注文の仕方は、メニューから注文するタイプと、魚介類を自分で選んで好みの調理法を指定するタイプとがあり、ロブスターやカニカレー妙めが人気です。
中国料理
バンコクには、もともと中国南部から移住してきた人々が多く住み、北京料理、広東料理、四川料理、上海料理など、本場に負けないほどの盛況ぶりです。
また、北京ダックや、フカヒレを専門にする店もあり、昼は飲茶を楽しめる店もあります。
チャイナタウン以外でもおいしい店が数多く有ります。
各国料理
東南アジアのハブ空港、ドン・ムアン空港を擁するバンコクには、世界各国からのビジネスマンや観光客が集まります。
日本料理はもちろん、フランス、イタリアなどのヨーロッパ料理、インドをはじめとするアジア料理、アメリカン、ポリネシアンと世界中の料理が食べられると言っても過言ではありません。
フランチャイズのお店(日本にあるほとんどのチェーン店)も有りますのでタイ料理に飽きたらピザからハンバーグ・吉野家迄有りますから。
日本料理に関しては、何でも有ります。
回転寿司に始まり、居酒屋・豚カツ屋・純和風・てんぷら屋・焼き鳥・クラブ・バー・カラオケ・カラオケバー・ゲイバー・牛丼や・セブンイレブン(お弁当・おにぎり・みそ汁)・日式珈琲・・・並んでいるのは観光客が多いようです。
さきいか売り
さきいか
するめ売りが自転車にするめと七厘とのし機を積んで夜の街で売り歩いて、味は、日本ののしイカと同じなので結構いける。
その場で焼いてローラーにかけて付属のソースがタイの味のベースである甘・辛(唐辛子の)・酸っぱい+ナッツ入りで出してくれこれでビール片手におつまみです。
パッポンのバーはつまみが無いので購入しても文句も言いません。
トップへ
ショッピング
バンコクでの最大の楽しみのひとつがショッピング
タイ・シルクやコットン、陶磁器、民芸品、山岳民族の手王芸品等、タイならではのおみやげは、卓越した伝統技術とトロピカルなセンスで人気を博しており、専門店やショッピングセンターで手軽に探すことができます。
宝石や金製品などのアクセサリーは、チャイナタウンやホテル内のシヨップで。
また、3万人の日本人が暮らすバンコクでは、日用品や食料品に困ることもありません。
ラチャダムリ通りやスクンビット通り周辺には、日本人御用達のスーパーやデパートも数多く集まっています。
近年次々にオープンする大型シヨッピングセンターのブランドショップも、世界のブランドが日本で買うよりも安く手に人ると女性に人気です。
快適な空調の効いた魅力的なお店で1日ゆっくりとショッピングはいかがですか。
タイ・シルク
ジム・トンプソンによって世界に紹介されたタイ・シルクは、バンコクでのショッピングの筆頭で、スラウォン通りにあるジム・トンプソンや、シーロム通りのデザイン・タイ、南サートン通りのシナワットなどの専門店のほか、デパートの中のショップなどで、手軽に入手することができます。
ショップの中には、様々なデザインの生地、既製品の衣類、小物類が所狭しとならび、採寸から数日で仕立てあがるオーダーも人気の的です。
タイのコットン製品は、シルクに負けず劣らず近年人気が高くなってきました。北部山岳民族の大胆なデザインと豊富な刺繍をアレンジした製品や、南部の蝋けつ染めが有名です。
山岳民族の手工芸品
それぞれの民族で独自の趣向を凝らし、美しく刺繍された織物や銀細工は、手作りの温かさと、東南アジアのエキゾチックな感覚が魅惑的です
陶 磁 器
朱印船貿易で日本に渡った宋胡録(すんころく)焼きの語源となったスワンカローク焼の時代から、タイは陶磁器の郷としても有名です。
赤青緑の色彩で綴密に彩られ、金色で縁取られた、美しいベンジャロン焼(五彩焼)や、翡翠のような薄緑色の艶やかな地の表面に細かいひびの入ったような加工のセラドン焼は、日本へのお土産にもってこいですが重いのが難点ぜひ当店で。
宝石&金製品
タイは世界的に知られたルビーとサブァイヤの産地です。
ここバンコクには、宝石の加工業者が集まり、独自のデザインを競っています。
また、チャイナタウンでは金行と呼ばれる金製品ショップが建ち並んでいます。
高価な宝石や金製品購入の際は確かな目を持ち信頼のできるショップで購入するよう心がけてください。
客引きのいるところは危ないと思って、うまい話は絶対有りませんので十分注意してください。
タイのルビーは、少し濃い色というか黒っぽい赤で俗に鳩の血の色です。
クリアーな赤色をお好みの場合、スリランカ(セイロン)産がお薦めです。
中には危ないお店が有りますので十分甘い言葉には、注意してください。
儲かるとか言った話には十分注意してください。
蘭の花
タイは蘭の生産地としても有名です。市内や空港のデューティー・フリー・ショップやデパートで購入することができ、日本への宅配サービスを利用することもできます。
切り花以外は日本への持ち込みが厳しく規制されていますのでご注意ください。
タイ式・マッサージについて
総本山はワット・ポー(涅槃仏=世界最大の横たわっている黄金の仏像で有名なお寺)で育成の学校も併設されていますし外国人も入学できるシステム=カリキュラム(授業は英語)も有るそうです。
ここで本格的なマッサージを受けることも出来ます。
(但し実験台(インターン)のコースがあり多少安いです。建物は違っていたはず・・・?です。)
またバンコク都内・タイ全土にここを卒業した生徒が開業しています。
一応卒業試験は、有るとのことですが・・・・。
料金は、バンコクと他地域の格差3割くらいですが日本のレベルから言うとバンコクでさえ数分の一(日本の場合、1時間で6,000円が相場)同じ都市内であればほぼ同じ価格と思っていいと思います。
ホテルは異常に高いので外に出てマッサージ屋さんを見つけて方が何倍もサバーイ(タイ語で気持ちがいい)です。(だだし、特に男性の場合、タクシーやトウックトウックでマッサージと言うと別のところにつれていかれますので必ずトラディショナルマッサージといいましょう)
ちなみにバンコクの物価は他の都市と比べて高いです。(2ー3割は高いと思って間違い有りません)
両替・銀行
タイ・バ一ツ(Baht〕は変動相場制を取っているので両替率が毎日変化します。
ドン・ムアン空港内の各銀行両替所は、24時間営業をしており、市内の銀行は月曜日から金曜日の10:OO-16:OOまで、観光地やホテル街にある出張両替所なら8:30-20:OO頃まで聞いています。
タイの銀行はどこも良心的で率は問題有りませんが、大きな金額はどこも難しい様です。
ホテルはさすがによく有りませんが欧米ほどひどく有りません。
バンコクやチェンマイの大都市でしたら成田などでは 両替せず現地で買えることをお奨めします。
日本の銀行は手数料が高いので(ドルだったら125円につき2円取られても2%ですが バーツだと30円につき2円だと8%、1円でも4%となりかなりの負担です)
プラネットハリウッド ゲイソンプラザ ゲイソンプラザは、高級品が集まるテナントビルです。
バンコク(タイ全体)のこの手のビルが多くあり一部デパートなどの中にもあり、最初のうちはコンセプトが有って一定の指向が有るのですがお店が入れ替わりが多く時間が経つにつれてそれが無くなって行きます。
ウイークエンドマーケット等もその典型です。
ゲイソンプラザ内のプラネットハリウッドが閉店。
チョット価格が高すぎたと思います。
ゲイソンプラザ
トップへ
ト ラ ブ ル
ツーリスト・ポリス
外国入観光旅行者の安全を図るために、ツースト・ポリスが特別に設けられており、Tourist Polliceと言う肩章をつけています。
観光地には警察署や派出所が設けてあり、英語を話すことができますので、トラブルが発生した場合は連絡をしましょう。
ツ一リスト・ポリス局番無し:1169
ツ一リストサービスセンター局番無し:1155
ドン・ムアン空港内:(02)535-1641
いざという時に日本語の通じる病院
食習慣や気候の違い、また旅先での緊張や疲れなどで体調が崩れた時は、迷わず病院に行きましょう。
但し通訳の方がいてタイ人のドクターに翻訳すると言う事なので日本語の分かるドクターがいると言う訳では有りません。普通ドクターは英語は話せるようです。
夜間の診療(通訳の方は、ほとんどがボランティアですので)は、緊急以外さけてください。
又お礼(お金とか品物じゃなく)も忘れずに(結構これが出来ない旅行者や現地駐在員が多いそうです)
旅の恥はかき捨ては、日本でしか通じない非常識です・・・発つ鳥後を濁さず
BANGK0K GENERAL HOSPITAL
(バンコク・ジェネラル病院)
2 SOONVlJAl,NEW PETCHABURI ROAD
TEl:(02)318-0066
BUMRUNGRAD HOSPlTAL
(バムルンラート病院)
33SUKHUMVIT ROAD,SOI31
TEL:(02)667-1000
PlYAVATE HOSPlTAL
(ビヤウェ一卜病院〕
998RAMA4ROAD
TEL:(02)641-4499
PRARAM 9 HOSPITAL
(ラマ9世病院)
99SOlSAN JAM,RAMA9ROAD
TEL:(02)248-8020
日本国大使館領事部
基本的には、大使館・領事館はせいぜい臨時のパスポートの発給くらいで何もしてくれません。。
それ以外は、大使館・領事館員は、自分たちの仕事をサービス業と思ってませんのでほとんど当てになりません。
カード会社のデスクの方が当てになります。
何か有ったらこちらのカード会社のデスクに電話したほうが早く解決します・・・多分。
9th FLR,159 SERMMlT TAI ROAD,SUKHUMVIT 21 BANGKOK10110
TEL.(02)252-6151(代表)
イミグレーション(外人国管理局)
ビザ延長など
SOISUANPHLU,SATHORN TAIROAD BANGKOK10120
(02)287:3101-10
えびせん偽もの
カルビーカッパエビせん
カルビーのカッパえびせん。色々な味があります。
日本のお菓子は、現地生産物とコピーがあり。カップヌードル・ポッキーなどタイオリジナルが有るのでコンビニやスーパー・デパ地下等で買えます。
けこう良いも土産になるかもしれません。
コンビニは日本の資本が入っているので日本製も多く有ります。
タニヤ
昼間のタニヤ
サラディーン駅から撮影・毎日夜7時頃となると綺麗な?ホステスさんのお出迎えがあり壮観です。
お値段は、日本の店と変わらず内容は、カラオケ?あと日本語は通じるそうです。
銀座・赤坂というより歌舞伎町的雰囲気?
トップへ
そ の 他
気  候
日本から見ると年中常夏のバンコクですが、大さく分けると乾季、暑気、雨期の3期があります。
乾   期
(11月-3月)
空は青く晴れ渡り気温も心地よく快池なシ一ズンです。
朝夕には、最低気温が15度を切ることもあり、羽繊るものが必要となる日もあります。
暑   気
(4月-5月)
最高気温が35度を超え、夜になって寝しい熱帯夜が続きます3月末頃からは、夕立が降り始めます。
雨   期
(6月-1O月)
1日に1度スコ一ルが降り、雨期後半には雨が降りつづき、道に水か溢れ出すこともあります。
服  装
1年を通して日差しが強く、高温多温の気候なので、通気性の良い服装をおすすめします。
ただし、レストランなどでは、エアコンが効きすぎているところがありますので注意してください。
また、敬虔な仏教国であるタイでは、寺院は神聖なる信仰の場所です。
参拝するときは、節度ある服装を心がけてください。
王宮や一部寺院ではタンクトップ、ホットパンツなど極端に肌を露出した服装では人場できません。
(有名寺院ではレンタルあり)
バンコク国際空港
バンコク国際空港は、所在地の地名からドン・ムアン空港とも呼ばれ、タイの空の玄関であり、東南アジア各都市と諸外国を結ぶ役目ハブ空港も担っています。
バンコク中心部の、北約22kmのところにあり、ターミナルは第1、第2、国内線にわかれています。
日本から直行している航空会社のうち、日本航空、タイ国際航空が発着しているのが第1タ一ミナル、全日空、ユナイテッド、ノ一スウエスト航空は第2ターミナルです。
第1、第2タ一ミナルとも、到着は1階、出発は3階です到着ロビーには、銀行や、宿泊・観光案内所、タクシ一カウンター手荷物預かり所などがあります。
空港からバンコク市内へのアクセスは、エアポ一トバス、路線バス、リムジンタクシー、一般タクシー、鉄道があり。
出国時500バーツ必要です。国内移動は、すでにチケット中に料金が含まれています。
このページをご覧になっているということは、インターネットを使用できる環境にあるということですので旅行の予約も全てインターネット上で可能ということです。
リンクのページでタイに就航している(日本から)主な航空会社が入ってます。
又、アジアのホテルのリンクもあります。
当然、ここで予約するのが一番安いと思います。
ホテルによっては、自前でリンクを張っている場合もあり更に安いこともあります。(エージェントを通さないので更に安くなる理屈です。)
オリジナルでツアーも組めます。
特に時間に余裕のある二人以上であればホテルのルームチャージも安く押さえられますし現地ツアー〔タイの場合、パンダバスを使えば日本語のガイド付と言うよりほとんどの日本のツアーがここの受け持ち)を使えば色々とえキサイティングなツアーになります。
トップへ
トロス
代表者:阿部 正敬
東京都江戸川区松島2丁目

タイ王国チェンマイ市
Copyright2001-2008・ TOROS. All rights reserved.