かつて栄華を極めたアユタヤ王朝
太古のロマンが今も息づく遺跡の街-アユタヤ
チャオプラヤー川とその支流に囲まれたアユタヤはタイの首都バンコクから北へ約76km、至るところに遺跡が点在する美しい古代都市です。
1351年ウートン王によってこの地にアユタヤ王朝が開かれて以末、35代の王が417年間に渡って偉大なる歴史を築きあげてきました。
水路に恵まれたアユタヤは大いなる繁栄を続け、17世紀はじめには周辺国だけでなく、近隣アジア諸国、イギリス、ポルトガル、オランダ、スペインといった西欧諸国との交易も盛んになり、国際貿易都市として世界中にその名を広めました。
さらにタイ近代国家の基礎ともいえる中央集権を碓立するなど内政面でも歴史上に大きな功績を残しています。
一方この間、王位継承争いやビルマ(現・ミャンマー軍の侵略も絶え間なく、王国は「アユタヤ」の言葉が意昧する平和とは決っしていえませんでした。
やがて、アユタヤ王朝はビルマ軍の総攻撃に耐えきれず、1767年に栄光の幕を閉じました。
奇跡的に数々の戦火を逃れた寺院や宮殿、朽ち果てた仏像など数々の遺跡が残り、時代の栄枯盛衰を偲ばせます。
1991年にはユネスコから世界文化遺産に指定、最も貴重な歴史遺産の地として世界中で脚光を浴びています。
悠々と流れる川に囲まれた遺跡の宝庫往時の興隆と仏教の神髄
遺跡の宝庫といわれるアユタヤは、南北約4km、東西6km、四方を川に囲まれた島状の街です。
1350年から417年間、歴代35人の王たちが築きあげた数多くの遺跡は島状の中心部、周辺部、近郊にと点在最も遺跡が豊富なのが中心部で、見渡す限り仏塔や寺院が並んでいます。
また、川を渡れば水都らしさあふれる景色が広がり、中心部とは違った魅力を感じることでしょう。
タイ・中国など、各国の素晴らしい建築美が競演する歴代の王が
夏を過ごした絢燗豪華な離宮
1637年アユタヤ王朝24代目のブラサートトォン王か建てた宮殿で、歴代の国王たちが夏を過こす別荘として利用されていました。
1767年のビルマ軍攻略以降、しばらく放置されたままでしたが、チャクリ王朝のラマ4世と5世によって、現在のように再興されました。
離宮にはパビリオンと呼ぱれる5つの館が点在しています一湖の中央で華やかな光りを放つタイ風建築のプラ.アイサワン・ティッパート、内部見学も可能の中国風建築が美しいプラ・ティナン・ウィハット・チャムルン、ルネッサンス風のプラ・ティナン・ワロパット.ピマンなどいずれも素晴らしい建築美を誇っています。
離宮内には、色々な形式の建物が在ります
王妃の墓 象の刈り込み
王妃の墓
象の刈り込み
日本式庭園やビクトリア調の建物も当時のタイの西洋文化の吸収の意欲が伺えます
日本庭園
英国式建造物
日本庭園
英国式建造物
ヨーロッパ風
中国風
ヨーロッパ風
中国風
ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
高さ72mの塔を仏座像が囲む荘厳な勝利記念の仏塔
1357年、アユタヤを建都した初代ウートン王がセイロン(現スリランカ)に留学中の修業僧たちの瞑想のために建てた寺院で、別名を「ワット・プラ・チャオプラヤー・タイ」といいます。また、遠くからでもひときわ目立つ高さ72mの仏塔は1592年に19代ナレスアン王が象にまたがり一騎討ちでビルマ王子を敗り、ビルマ軍との戦いに勝利した記念の塔です。
当時、ナレスアン王はビルマが先に建てたチェディ・プーカオ・トンのパゴダに対抗してこの仏塔を建立しましたが、高さはわずかに及びませんでした。
更に、塔の周囲をぐるりと囲む鮮やかな黄色の衣を纏った数十体の仏座像の他、寝釈迦像もあります。
ワット・ヤイ・チャイ・モンコン1 ワット・ヤイ・チャイ・モンコン2
アユタヤの遺跡群
ワット・プラ・マハタート
二つの説を持つ、謎に包まれた13世紀の名残りビルマ軍の侵略で廃虚と化した地から財宝を発見され、木の根の間に埋め込まれた仏像が有名な寺院1369年-70年の2代ラーメスアン王が建てたという説と、1370-88年の3代ボロムラーチャー1世が建てたという説があり13世紀の重要な寺院のひとつです。
かつては塔の頂上が黄金色に輝いていたこの寺院もビルマ軍の侵略により廃境と化し、今は木の根の間に埋め込まれた仏像の頭や、頭部がない仏像、崩れ落ちたレンガの壁や礼拝堂の土台が残るのみとなっています。
1956年の修復の際、塔の跡から数々の黄金仏や宝飾品などが発見され、これらは現在、チャオ・サン・プラヤー国立博物館に展示されています。
ワット・プラ・マハタート1
ワット・プラ・マハタート2
ワット・プラ・マハタート3
ワット・プラ・スィー・サンペット
ワット・プラ・スィー・サンペット 苔むしたセイロン様式の仏塔が時代の栄華を偲ばせる歴代の3人の王が眠るタイの最も重要な王宮建物で1500年にラマティボディ2世によってつくられた高さ16m171kgもの黄金の仏像も1767年ビルマ軍の侵略により、寺院もろとも破壊されました。
1491年、最初の王朝の宮殿跡に建てられたアユタヤで最大規模を誇った王室専用寺院でした。
今は歴代の3人の王の遺骨を納めたセイロン様式のチェディと呼ばれる、苔むした仏塔わずか3基が残るのみとなりましたか、バンコクのエメラルド寺院同様、最も重要な王宮建物のひとつといわれています。
日没後ライトアップされ幻想的な雰囲気に包まれます。
ワット・プラ・ラーム
朽ちた石像と4基の仏塔が栄光の時代を
今も物語る初代ウートン王の菩提寺
ワット・プラ・ラーム
アユタヤのほぼ中央にある初代ウートン王(ラーマティボディ1世)の菩提寺です。
1369年に2代ラーメスワン王により、ウートン王が火葬された場所に建造、遺骨を納めたと伝えられています。
アユタヤ王朝が栄えた15世紀から幾度かの改修工事が行われましたが、1767年にビルマ軍の攻撃によって破壊され、今は巨大な塔堂と4基の仏塔と朽ちた石像が残るのみ。
北側の広場には1970年に除幕されたタイ近代国家の生みの親ともいえるウートン王のブロンズ像がたたずみ、1351年から417年間続いた華やかな栄光の時代を今もここに刻んでいます。
ワット・ナー・プラメン
高さ5mの仏像を安置する13世紀の貴重な寺院
ワット・ナー・プラメン アユタヤの北側をゆったりと流れるムアン運河の対岸にあり、幾度にもおよんだビルマ軍の破壊からも奇跡的に逃れた13世紀の貴重な寺院です。
入口には、ガルーダにまたがり威風堂々と立つヴィシュヌ神のレリーフが当時のままの姿で残されており、寺院全体は15世紀にラマ4世の手により修復されました。
本堂はアユタヤ最大規模を誇る高さ5mの巨大な仏像が、王の正装を纏って安置されています。
また、忘れてはならないのが本堂右手にある小さな礼拝堂ですしこちらは1838年の建立されたもので、ナコーン・パノムから請来したドヴァラティ期に造られた深い緑色をした仏像が祀られています。
ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット
タイ全土や世界各国から参拝客があとをたたない高さ17m、タイ最大の黄金巨大仏像を安置するで仏塔603年にラーマティボディ2世により作られた。
タイ最大の高さ17mのブロンズ製の巨大な仏像を安置する塔堂です。
ビルマ軍に破壊された後、1951年の修理の際には仏像の体内から何百体もの小さな仏像が発見されました。
アユタヤの中心地では最も参拝客が多く、まわりには土産物屋、ろうそく、花などを売る屋台で賑わっています
ワット・プー・カオ・トン
高さ80m、頂上からアユタヤの街が一望キラキラと光り輝くタイ様式の黄金寺院。
1569年、ビルマのバイナウン王がアユタヤを占領したときに建てた高さ80mを誇る寺院です当初はビルマ様式でしたが、その後アユタヤ王朝を再興したナレスアン王がタイ様式に改め、現在の塔は1754年に造られました。
1956年には仏歴25世紀を祝って頂上に2.5kgの黄金の珠が付けられ、「黄金の仏塔寺院」と呼ばれています。
仏塔は階段で上に昇れるようになっており、頂上からは遠くアユタヤの街が一望できます。
ワット・プラチャオ・パナンチェ
数々の戦火からも逃れ、今も参拝客であふれるぎらびやかな中国風装飾が美しい縁起寺。
アユタヤが首都となる26年前、1324年に建てられました。
幾度となく繰り返されたビルマ軍の破壊から奇跡的に残った寺院でもあり、縁起がよい寺として、今も多くの人々の厚い信仰を集めています。
本尊である高さ19mの黄金仏の座像を安置している中国風の装飾で飾られた堂内に、タイ様式のほかの寺院とはまた違った魅カを感じることでしょう。
ワット・ニウェート・タンマプラワット
西洋と東洋の文化が交錯ゴシック様式の仏教寺院
チャオプラヤー川をはさんで、バン・パイン宮殿の南側の対岸にあります。
ゴシック様式、一見キリスト教会を思わせますが、ラマ5世によって建てられたれっきとした仏教寺院です。
ラマ5世を描いたステンドグラスがはめ込まれた窓からは明るい日射しが差し込み、西洋と東洋の文化が織りなす独特の雰囲気が漂います寺院へはチャオプラヤー川を渡る小さなケーブルカー、またはアユタヤ駅から鉄道で行くこともできます。
日本人町跡
石碑と祠が当時の名残り王朝に仕えた日本人の居留跡
16世紀、御朱印船貿易に携わった日本人が築き、最盛期には2〜3000人以上もの日本人か住んていた居留跡。
当時ここの日本人の多くは、貿易を営む一方、アユタヤの傭兵としてビルマ軍との戦いにも参戦していました。
特に日本人町の町長、山田長政は22代ソンタム王から官位を与えられるほど大活躍しましたが1630年に何者かにより憤死彼の死後鎖国した日本によって18世紀初めにはこの街も消滅、敷地内には石碑や山田長政の祠が祀られています。
アユタヤのリバークルーズ
アユタヤ一日観光コースは、往復バスと往きか帰りリバークルーズのコースがありバンコクのオリエンタルホテル前発着となリますが当然帰りのコースをお勧めいたします。
夕方の渋滞を避ける意味と有形が美しいのと涼しいのとメリットが多です帰りのバンコクの混雑は、筆舌に尽きます。
下手をすると船の方が早かったりして・・・・。
タイ(バンコク)の母なる河・チャオプラヤ川のクルーズをお楽しみ下さい。
アユタヤのリバークルーズ - トップへ -
トロス
代表者:阿部 正敬
東京都江戸川区松島2丁目

タイ王国チェンマイ市
Copyright2001-2008・ TOROS. All rights reserved.