on> セラドン工程
セラドンの制作工程です
セラドン焼は、伝統的な手法により一つ一つ手作りされております。
制作過程は、次の通りです。
1
まず、最初に土の選定を行います。
硬質のセラドン焼にはDIN DAMと呼ばれるチェンマイ近郊で産出の良質の土が使用されます。
2
十分乾燥させた土を粉砕しふるいにかけ細かくします。
次に水を加え専用の練り器にかけ十分に撹拌混合します。
3
土の中の気泡を出すため十分にこね、そしてろくろにかけ製品を成型します。
轆轤
十分に自然乾燥させます。
乾燥工程は、簡単そうに見えますが、その後の工程に大きな影響を与えます。
成型や乾燥が不十分な物を釜に入れ焼いた時、ひび割れや変形を起こす原因が有るからです。
5
手彫りによる彫刻や飾り付けを行います。装飾の絵付や彫刻は、各々の陶工たちの創造力によりデザインされています。
それらは、全て下絵なしに描かれますので出来上がった製品は、全て違う顔を持っています。
彫刻2彫刻1
6
そして、再度自然乾燥します。
7
素焼工程。約800℃、6-8時間かけて焼かれます。
土の表面を硬くすることで釉薬をのりやすくするために行います。
釜から出され自然冷却されます。
8
素焼に優れた技法により釉薬を施します。
釉薬は、チェンマイ近郊のジャングルに自生する2種類の植物の灰を混ぜ合わせて作った釉薬を施します。
釉薬掛け釉薬乾燥
9
絵画シリーズ(花瓶等)の表面デザインもここで描かれます。
花柄の製品も同様に、手書きで仕上げられます。
これらは、絵を描き終えた時点で釉薬を施します。
(内側のみ釉薬が施されます。)
階が工程
10
釉薬を施し乾燥された製品は、最初1250℃の温度で焼かれ次第に1300℃まで徐々に温度を上げていきます。
11
その後、釜の外に出し自然の力=空気を使って冷却を行っていくとセラドン焼、最大の特徴である表面の貫入(ひび)が入り始めます。
12
製品の検査、梱包、出荷となります。
トロス
代表者:阿部 正敬
東京都江戸川区松島2丁目

タイ王国チェンマイ市
Copyright2001-2008・ TOROS. All rights reserved.
l