on> セラドンカタログ
セラドンカタログ
セラドン焼は、タイ国における三大陶器の一つです
轆轤今となっては、古い史籍を残すのみなので詳しい経緯は解りませんが13世紀頃、中国(現在の雲南省辺り)からの陶工達を招へいし技術を導入し作らせたのが始まりで以来、現在に至っております。
タイ王国三大陶器の中で最古の700年という長い伝統を持っておりましたが在る一時期は、地方の単なる陶器産業でした。
しかし、王室の命によりチェンマイの産業として復活しました。
セラドンの名前の由来は、サンスクリット語でそれぞれ石という意味"SILA"・緑という意味"DHARA"を合成した『緑の石』が語源とされています。
※『緑の石』=翡翠(ヒスイ)=玉(ギョク)
自然との融合
製品1最新技術と上質のクラフトマンシップを結合した高品質セラドンは自然と融合した繊細なデザインはまさに上質のインテリアと言えるでしょう。
セラドンのデザインはタイの正統な伝統的文化を受け継ぐ製品と大変に個性的製品はどれも貴方の貴重なコレクションアイテムの一つになるでしょう。
セラドンは、全て自然の原材料を用いて作られています。
釉薬は、チェンマイに自生する植物の灰を使用・土はチェンマイ郊外より産出されます。そしてセラドンは、これらの自然の恵みから作られております。
セラドン焼について
製品2伝統的手法に基き自然の木灰のみを用い高温で焼かれた硬質の陶器です。
セラドンは、全て一つ一つ手作りされておりセラドンの緑色は、不透明な翡翠(ヒスイ)を表現しており、古来より、翡翠は所有する人の幸福と成功を強く導くお守りとされています。
セラドン焼は、唯一無二の特別に選定された釉薬が使用されています。
エメラルド・グリーンのセラドンは厚手で丈夫なだけでなく釉薬の下の貫入(ひびわれ)が最大の魅力です。
これは土と釉薬の熱収縮係数が違う為、徐冷の段階で貫入が発生します。
大変美しい魅力的な貫入はセラドンの価値をより高いものとしています。
中には、貫入を大量に発生させようと霧を吹いて貫入を作るメーカーが有りますが製品には悪影響を及ぼす方式は、取っておりません。
青磁の色について
製品3還元炎で焼かれた薄青から薄緑色の光沢釉を青磁釉といい、澄み切った秋の青空のような青色、 翡翠(ひすい)の緑色は古くから日本・中国・朝鮮でも珍重されてきました。
釉薬に少量(1−2%)含まれる鉄分が、還元されて酸化第一鉄となり、翡翠色となり、釉薬の厚く掛かったところはより濃い青から緑色となり、素焼きされた物に彫り柄を入れることによって色の濃淡が又、還元の強弱によって色は変化し、酸化気味だと鉄は黄色がかった発色となり、鉄の量が 多すぎると褐色から黒ずんだ色になり釉薬によって色は変化し、酸性成分が多いと青味が出て、塩基性成分が多いと緑味となります。
セラドン焼の使い方
製品4セラドン焼は職人の高い技術力と深い経験により一つ一つ手作りされており全ての製品は、美しいインテリアとしても十分価値があります。
化学合成された釉薬は一切使用しておりませんので普段の食器として安全性にも高い評価を得ております。電子レンジでの調理も問題ありません。(直火のご使用は、出来ません)
長くご使用するに従い貫入に染込んだ風合いがよりセラドンの魅力となることでしょう。
トロス
代表者:阿部 正敬
東京都江戸川区松島2丁目

タイ王国チェンマイ市
Copyright2001-2008・ TOROS. All rights reserved.
l